セット本せどりのおすすめジャンル

セット本せどりのおすすめジャンル

#本せどり #主婦 #副業

★ブログもぜひご覧ください★

トップページ

★twitter★

★スタエフ★
https://stand.fm/channels/5f68aafbf04555115d0172c4

★ココナラ★
https://coconala.com/users/2017612

==================================
今日はセット本でおすすめのジャンルを紹介します。

特に車がなくて大量に仕入れるのが難しい方、
FBA を使っていなくて自己発送を使っている方、

つまりわたしと同じような人におすすめです。

おすすめジャンルは3つあります。(上から順に簡単)

・文庫版マンガのセット本

・海外小説のセット本

・自分なりのセットを作って売る

まず1つ目の文庫マンガのセット本について。

文庫マンガのセット本がオススメな理由は、

コミックほどはライバルがいないこと、

梱包が楽で送料も安めなところです。

昔の名作といわれるような漫画や人気のコミックは、文庫版のコミック漫画が出されます。

文庫版は巻数が少ないんですよね。

1冊のサイズも普通のコミック版よりは小さいです。

私はあんまり大型の商品を送りたくなくて・・・
梱包が面倒くさくて送料がかかっちゃうからです。

だいたい4冊か5冊ぐらいまでのセットをよく売っています。

コミックより単価が高いのがメリット、
デメリットを挙げるとすれば在庫がそんなにないことですかね。

取り扱ってない店舗では本当に棚一つ分しかないときがあります。

今まで販売した例は
・武装錬金の5巻セット
・アドルフに告ぐ5冊セット

あとは結構昔のレトロな少女漫画家とか。

風と木の詩という全10巻セットは結構高かったです。
1300円ぐらいで仕入れて4000円ぐらいで売りました。

基本的に100円で揃えて、クリックポストやレターパックプラスで売ります。

クリックポストで済むと1000円ぐらい利益、
レターパックプラスを使っちゃうと500円~1000円いかないくらいです。

人気のタイトルや安定してニーズがある作品など、
リピート仕入れがしやすくて

アニメ好きな人だったら得意にできるんじゃないかなと思います。

私はあんまりアニメが得意じゃないので、新しいものを積極的にリサーチするのではなく、見たことあるタイトルを繰り返し仕入れる戦法です。

2つ目のおすすめジャンルは、海外小説のセット本です。

これは古典的名作や有名作品がおすすめです。

出版社で言うと、岩波文庫や光文社古典新訳文庫をよく入れます。

光文社古典新訳文庫は全部100円でそろえるのが難しいので、
セット中の1~2冊ぐらいはプロパー棚やブックオフオンラインなどで揃えることもあります。

販売例は、岩波文庫のエミールの上中下3巻セットで1600円ぐらい。

岩波文庫は結構ヤケが強いですよね。
ヤケは年数が経過して茶色く色あせている状態のことです。

コンディション可という一番下の状態で、”強めのヤケがあります”と記載しておけば、今のところクレームになったことはありません

岩波文庫はセットにしなくても、
100円~300円ぐらいの利益を出せるものも結構見つけやすいです。

同じく岩波文庫でカンタベリー物語の上中下セット、あとは育児の百科、
なんか中国の詩のセット本も売ったことがあります。

あとは岩波書店じゃないんですけど、
ワイルドスワンの文庫3巻セットとか、
風と共に去りぬの続編、スカーレットの4冊セットなど結構繰り返し売っています。

海外小説はあんまりやってる人がいない気がして、
ライバルが少なくておすすめです。

他には小説だと時代小説は売りやすいのですが、
巻数が多くてちょっと手荷物が多くなっちゃうので、
海外小説の方がおすすめかなと思います。

五木寛之さん、司馬遼太郎さん、吉川英治さんの本がよく売れます。

最後のおすすめは、自分でセット本を作っちゃうことです。

自分でセットを作っちゃう時は、Amazonではなくメルカリで売ります。

この方法のいいところは、自分でセットを作るのでライバルがほぼいないことですね。

よくやるのはドラッカーとかカーネギーとか、有名な著者の本をネコポスで送れる範囲にまとめて出品するという方法です。

例えばカーネギーの”話し方入門”と”道は開ける”という文庫を2冊セットにして売ったり、あとは明確にシリーズではないんですけど、
似たようなジャンルの本をまとめて売ったりします。

ヤマケイ文庫の遭難を扱った本2冊をセットにして、
1冊110円で仕入れて、2冊で1100円で売りました。
利益は590円。結構いいですよね。

コツはすごーく有名な、鉄板という本をセットにすること、
つまりニーズが確実にあるセットを作ることです。

ニーズがあるかなんとなくわかるんですけど、
メルカリの販売履歴を見て過去に似たようなセットで売れていればオーケーと判断します。

特にビジネス書が多いですね。

せどりは単なる作業になりがちなので、
たまにはこういうちょっとしたオリジナリティを出す要素があっても楽しいかなと思います。

今日の話をまとめると、

車がない主婦でもおすすめのセット本のジャンルは3つ。

・文庫版の漫画のセット本

・海外小説のセット本

・自分で売れそうなセットを作ること

でした。

何かヒントになる点があったら嬉しいです。

せどりカテゴリの最新記事